デジマートの真実

こんにちは、嵯峨駿介です。

 

今回はデジマートについて書こうと思います。

d5875-231-473669-0

 

みなさんご存知の通りデジマートは各楽器店がみんなで作り上げるカタログのような、「うちのお店にこの楽器がある」、という各店の自己紹介のようなサイトです。

 
写真の撮り方から説明文の書き方から、各店の特徴が出ます。

 

僕らオタクベーシスト達が1日1回チェックして、あれが出たこれが欲しいと、一喜一憂するようなサイトです。

 

さて、このデジマートですが大きな特徴の1つが優秀な検索機能ですね。
楽天にはできない、楽器専門サイト特有の強みがあります。

 

例えば色での検索、弦の本数での検索、ビンテージに絞った検索、PUのレイアウトを限定した検索……

 

しかし、この検索機能、データが多すぎる故の欠点があるのです。

 

それは何かというと、

 

 

アップする側がそれらを入力しなければ検索には引っかからない

 

 

ということです。

商品をアップする側としても出来るものならすべての情報を入力してわかりやすい商品ページを作りたい!

 

ですが、楽器店の店員は実店舗での接客と並行しながら撮影、説明文入力、サイトにアップ、、、とデジマートひとつとってもたくさんの作業をしなければなりません。

 

 

実はデジマートにアップする際は、少なくとも僕がやっていた時点では、色や重さ、PUや木材の種類まで入力をする必要はありませんでした。

 

 

入力欄はありますが必須項目ではないのです。

 

つまり、「赤い4弦ベース」を入力した場合、「楽器店がカラーは赤、本数は4弦」と入力したベースが出てきます。

 

 

新品なのか中古なのか、ブランドはどこなのか、ギターなのかベースなのか、といった程度ならほぼ全ての楽器店が入力しますが、それ以上になるとなかなか……。

 

ですので何かを本当に探すときは詳細な検索はしないほうがいいと思います。

 

全てのベース一覧を全部見る、気合いですね。

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.