アクティブ?パッシブ?

IMG_0751

こんにちは、嵯峨です。

アクティブベースは今やスタンダードになっていますが、実はよく理解されていないものではないかと思います。

 

電池を使わないと動かない、イコライザーがついている、つまみがいっぱい・・・。

 

全てその通りですが、もう一歩深く理解するとより踏み込んだ使い方ができます。

 

アクティブベースが重宝される理由は、ノイズが少なく出音が安定しており手元でサウンドをいじれる、というところですね。

まずノイズが少ないのがなぜか、というところですが、一言で言ってしまうとインピーダンスの違いです。

 

パッシブはほぼ全てがハイインピーダンスの信号を出力します。

アクティブの場合はローインピーダンスの信号です。

 

よく聞く「インピーダンス」という単語ですが、理解している楽器関係者は多くないのではないかと思います(笑)

僕も深くは理解していません。

 

シンプルに言うとハイインピーダンスの信号は非常に劣化しやすく、外的な環境に影響されやすいです。

例えばシールドの質、長さです。

10mのシールドと3mのシールド、パッシブのベースで比べてみると明らかに10mのシールドの方が出音は立体感が失われ、音圧もなくなり、高域は出ません。

シールドを通ることで音が劣化していくわけですね。

つまり、みなさんがよく使う3mや5mのシールドですらサウンドは劣化します。

ところがこれがローインピーダンスの信号になると、その劣化は劇的に抑えられます。

3mも10mもハイインピーダンスの信号ほどの劣化は見られません。

シールドを引き回すことでおこる信号の劣化やノイズの侵入に対して非常に強い信号と言えますね。

 

また、アクティブベースで一般的なものはプリアンプを搭載したものですね。

プリアンプを搭載したベースはアンペグでもフェンダーでも、どの現場でもある一定のサウンドを出すことができます。

これはスタジオワーカーにとっては大きなメリットです。

プリアンプが出音に及ぼす影響はとても大きく、サウンドの要にもなりえます。

 

一般的に言う「アクティブ」という仕様のものには大きく分けて二種類あり、ひとつはEMGに代表される、PU自体が電池を使ってワークするタイプのものです。

emg_jseta

これもまたインピーダンスが深く関係したもので、それはまた次の機会に書こうと思います。

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.