アクティブピックアップ

こんばんは、嵯峨です。

以前のブログに書いた記事の続きです。(アクティブ?パッシブ?

emg_jseta

アクティブといえば、ギタリストにはEMGのようなアクティブピックアップの方が馴染みがあるのではないでしょうか。

こちらはピックアップのマグネットの磁力を弱く、コイルの巻き数を少なくして、電池を使って出力を稼ぐタイプですね。

インピーダンスというものはコイルの巻き数を大きくするほどに大きくなります。

パッシブPUの場合、EMGとは反対でマグネットの磁力を強く、コイルの巻き数を大きくしないと出力が大きくなりません。

 

なので一般的なパッシブピックアップはハイインピーダンスになるわけですね。

(プリアンプを使うことを前提に巻き数を少なくしているパッシブピックアップも存在しますが。)

 

EMGは最初からノイズが入る要素を排除し、その欠点を電池でフォローする、ということになります。

さらに、マグネットの磁力が弱いので弦振動に与える影響が相対的に少ないです。

 

非常に合理的なデザインですが、やはり定番なのはパッシブのピックアップです。

ノイズが入るし弦振動を阻害することもあり得るものですが、それを補って余りある魅力がある、ということですね。

 

インピーダンスが小さい方が外来ノイズに強かったり外的な環境に対して影響が少ない、という話をしましたが、これはつまりできるだけ短いシールドで足元のペダルに接続した場合でも同じような話になりますね。

最近流行ってるEPブースターなどのバッファと呼ばれるものがそういった用途に近いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パッシブのベースを使って足元にサンズアンプ等のアウトボードタイプのプリアンプを使用している人も多いですね。

おそらくそういった場合はサンズアンプのサウンドを求めてそうしているわけですが、インピーダンスを下げる効果もサンズアンプにはあります。

 

案外みんな、ローインピーダンスの信号のお世話になっているかもしれませんね(笑)

 

それではまた

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.