復活!tokai hard puncher

こんばんは、嵯峨駿介です。

先日修理でtokaiのhard puncherを預かりました。

photo4

言わずと知れた名器ですね。ジャパンビンテージ!

photo3

良さげです。

ただ、ボディバックの様子がちょっとおかしく・・・

 

photo2

何があったのか(笑)

導電塗料が塗られただけで電気的な処理がされていませんでした。

これではノイズをひきつけるアンテナです。

もっとも、音が出る状態ではないのでノイズも出ないのですが・・・。

 

この良さげなtokaiを良いtokaiに直します。

photo1

かっこいい!

PUを含めた電装系は全てセットアップしなおしました。

この際サイズが微妙に合わず、PUをマウントできなかったのでピックガードと本体の木部を削ってます。

弦アースもとれてなかったので、そこも取り直し、導電塗料もちゃんと機能するように細工。

音が出るようになったところで、弦振動に関するセットアップをします。

ネック調整、弦高調整、PUの高さの調整、ナット溝調整、と。

 

無事良いtokaiになりました。

このtokaiのように放置されているベースをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

こういった修理や、ボディとネックとブリッジと・・・とバラバラのパーツを組み込むようなオーダーも受け付けています。

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.