テーパーコアの弦ってなんだろう

こんばんは、嵯峨です。

早速本題ですが、今回はテーパーコアの弦についてです。

ギタリストにはあまり馴染みがないかもしれませんが、多弦ベースを使うベーシストには最近ポピュラーになっていますね。

こんな弦です。

52964467_624

ちょっとわかりづらいですが、ブリッジのコマにのっかる部分が少し細くなっています。

 

金属(弦)は急には曲がれません。

特に太い弦、lowB弦やE弦は非常に曲がりづらいです。

 

以前自分の楽器を時間をかけてしっかりセットアップして、リハーサルに持って行ったら、E弦、B弦がびびり出したことがあります。

張りたての時は緩やかに曲がっていたのが時間の経過や演奏に伴って段々馴染んで曲がってきたわけですね。

なので弦高はセットアップ時よりも下がり、ビビり始めてしまったわけです・・・。

 

そういった経験から僕は弦を張る時には出来るだけ弦を馴染ませるようにしています。

 

話を戻すと、テーパーコアにすると折れ曲がる部分が細いから、僕に起こった問題が起こりづらいということになります。

 

他にも、ピッチがしっかりしていたり、弦高を下げやすかったり、チューニングを合わせることが容易だったりもしますね。

いいとこづくしです。

 

ですが、それでもテーパーコアの弦を使わない、というプレイヤーもやはりいます。

 

テーパーコアではない弦のメリットはなんといってもその弾き心地と4弦とのつながりですね。

思いっきり弾けて、4弦との感覚的な違いが少ない、というところです。

 

JBスタイルのベースを使うプレイヤーはよくテーパーコアではない弦をチョイスしますね。

 

ただ、全体的なバランスとして、テーパーコアの方が優れているように個人的には思います。

ですのでJBスタイルではないベースに関しては特にテーパーコアを勧めています。

 

そんなテーパーコア弦ですが、やはりデメリットはあります。

明確なデメリットとしてひとつあげると、調整なしにそのままでは張れない、という点です。

 

考えてみるとわかると思いますが、テーパーコアではない弦を使っていたベースにそのままテーパーコアの弦を張ってしまうと、駒に乗る部分が細くなった分弦高が下がってしまいます。

その他にオクターブチューニングがずれたり、裏通しができなかったり。

(B弦をハイフレットで使うことは少ないと思いますが、低音側でもイントネーションはずれてしまいます。)

 

やはり今までとは全く違うものを導入する時には一度リペアマンに相談してみることをオススメします。

 

テーパーコアのような弦で、エクスポーズドコア、という構造を持つ弦もあります。

20120128_3013964

これは芯線がむき出しになっているもので、ちぎれそうなほど細いです(笑)

F-bassが有名ですね。

メリットとしてはテーパーコアと似ています。

 

人気のある弦なのでぜひ試してみるといいと思います。

F-Bassのエクスポーズドコアに関しては、若干ステンレスっぽさがあります。

DRなどのステンレス弦に比べるとそこまでではありませんが。

 

他にもこんな弦が!

とか面白い弦があったらぜひ教えてください。

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.