方向性ケーブル?

van_den_hul

こんばんは、嵯峨駿介です。

方向性ケーブルというシールドが一時期流行りましたがみなさん試しましたか?

これがなんなのかっていまいちわかりづらい存在だと思います。

 

文字の方向で使うと音がいいとかなんだとか・・・・・・。

くらいの認識なんじゃないかな、と思います。

 

シールドを自作している方ならわかるとおもいますが、ケーブルには主に1芯シールドと2芯シールドのものがあります。

 

ベルデンでいうと9395なんかは1芯シールドで8412なんかは2芯シールドです。

 

まず1芯やら2芯やらなんなのかというと、シールド(外来ノイズ等から守るためのバリアみたいなものです)で守っている線が1本なのか2本なのか、というだけです。

 

方向性のないケーブルはどちらでも作れます。

これは外側のシールドしている網線の中をコールドの信号と、外来ノイズの両方が流れます。

楽器のホットの信号は真ん中の線を通るわけですね。
方向性ケーブルは、2芯シールドのケーブルを使う必要が有ります。

これは片方をホット(楽器の信号)、もう片方をコールド(アース)とします。

(無方向性ケーブルではホットだけが芯線で、コールドはシールド網線を通りました)

外側のシールド網線は片方のプラグのアース端子だけに配線し、もう片方のプラグのアース端子には接続しません。

つまり、プラグAにはホット、コールドが接続され、プラグBにはホット、コールド、シールド網線接続されます。

こうすることで、音の信号はシールドに守られた2つの芯線を通り、外来ノイズは外側のシールド網線だけを通ることになります。

これにより、コールドの信号とシールド網線で拾った外来ノイズがケーブルの中で混ざらないようにしたものです。

(方向性のないケーブルでは外来ノイズとコールドが混ざってしまいます。)

また、一般に楽器側のプラグはシールド網線を接続し、アンプ側のプラグはシールド網線は接続しません。

 

そんなことで音がかわるのかよーと、

 

思った高校生の僕はやっぱり試してみました。

が、予想どおりよくわかりませんでした。

ですが、環境によっては劇的な効果が得られる(かもしれない)のでぜひ試してみてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.