セットアップ〜PUの調整編〜

detail_jb4_cl_04_l

こんばんは、嵯峨です。

少しベースを好きになると、ネジを回してみたくなるのが男です。

弦高をいじるネジ、トラスロッドを回すネジ、ピックアップを取り付けているネジ・・・

やってはみたものの、悪化してリペアショップへ、という経験もみなさんしていると思います。

 

そこで今回はセットアップに関する記事を書いてみようと思います。

 

ネックをまっすぐにして弦高を〜っていうのはもうみんな知ってるし、たくさん記事があるのでそれはまたいつかで、今回はPUの高さについてです。

 

何も難しいことはありませんが、案外ここに無頓着な方も多いと思います。

 

PUの高さ、というよりはPUと弦との距離の調整になりますね。

これはS/N比でいうと、近ければ近いほど良いです。

なぜかというと、まず弦が近くても遠くてもノイズの量は一定です。

また、弦がPUに近ければ近いほど弦の音量は大きくなります。

 

ノイズが変わらないのに対して弦の音量は可変できる、ということは弦の音量はできるだけ大きい方が良いわけですね。

音が良いとか悪いとか、曖昧な基準じゃないのでこれは画一的で、人によって意見が分かれるところではないので、一つの指標にするべきだと思います。

 

しかし、近づけすぎるとやはり問題があります。

PUはみなさんご存知の通り電磁誘導の作用で音を拾う仕組みになっているので、磁力が発生しています。(そうではないPUも存在しますが……。)

磁力が出ているPUに、金属でできた弦を近づけると、当然くっつこうとする力が発生し、これによって弦の振動が歪んでしまうことがよくあります。

本来は丸い円を描いて振動するものが、楕円になってしまったりぶれて見えたり。

これはよくありません。

なので、磁力に影響されない(許容できる)ギリギリのところまでPUを高くするのが1つの指標としては正しい考え方です。

 

JBで具体的な例を出すと、一番音が小さいリアピックアップの1弦のポールピースを上記の基準で調整し(高音弦側のネジを上下します)、リアピックアップの低音弦側も音量のバランスをとるように調整します。

同じようにフロントも調整して、2つのピックアップのバランスをとって終了です。

 

ざっくりですが、本当にこんなところです。

例えばバルトリーニなどのポールピースが出ていないものや、ダンカンのクオーターパウンドなどの特別に磁力が強いものはそれを考慮する必要が有ります。

あとはそれぞれの好みですね。

リアの音量が強めで少しトレブリーな、たったサウンドが好きならフロントは低めになりますし、スラップでオープンな音色が欲しいならフロン トを少し大きめにする、など。

 

プレイヤー本人がこういうところをちゃんと理解すると、プレイも絶対に変わります。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

わからないことがあればこの記事のコメントからでも、MESSAGEからでも言ってもらえれば説明します。

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.