セットアップメソッド 1

41BUfiwR+XL._SY300_

こんばんは、嵯峨駿介です。

以前こちらの記事を書きました。

5弦ベースのセットアップ

その後、一般的な弦高はどれくらいか、いつもどういった具合でセットアップしているのか、といった質問があったので、今回は具体的なところを書いていきたいと思います。

まず、ギターでもベースでもそうですが、いきなりブリッジのネジを回すわけではありません。

正しい調整をするには順番に一つ一つをチェックして最適化をする必要が有ります。

僕のやり方でいくと、

1、チューニングをする

2、ネックの反り具合を調整する

3、弦高を調整する

4、オクターブピッチを調整する

5、ピックアップの高さを調整する

 

順番に解説すると、1のチューニングをする、は絶対にしてください。

弦の張り具合でネックも何も全て変わります。

この作業は何かするたびに、例えばトラスロッドを回した時、ブリッジのコマの高さを変えた時、全てやります。

正しいチューニングでなければ具合を見ることはできません。

 

次に2のネックの反り具合の調整です。

ネックはまっすぐな状態が正しい、と思っている人が多いですが、僕はそうはしていません。

これも楽器によるところもありますが、特にクラシックなスタイルの楽器ではドまっすぐにはしません。

例えばこれがsuhrやtom andersonなどのモダンなギターや少し長めのスケールを持ったモダンなベースの場合、比較的まっすぐにすることはありますが。

このやり方はベースでやると特に顕著な違いがあります。

ベースはギターよりも弦の振幅が大きいです。

これは弦が鳴るためにスペースが必要ということであって、それがネックの反り具合になります。

弦高を高くしてそのスペースを作ることもできますが、基本的にはネックでの調整の方が良いと思います。

結果的に弦高にも自由が利きます。

 

前置きが長くなりましたが、具体的なやり方に入ります。

まずはチューニングをして、その後にネックの今の反り具合を見ていきます。

反りの見方は様々ありますが、僕の例でいくと、

 

1弦の1fと12fを押さえて真ん中あたり、7fフレット付近の弦とフレットの隙間を見ます。

その後、同じく1弦の5フレットと最終フレットを押さえて、真ん中あたりの弦とフレットの隙間をみます。

最初の作業で自分がネックの反りとして捉えるものを確かめ、次の作業でハイ起きの具合をみます。ここで1f~12fよりも隙間が大きければハイ起きがあるものとして捉えます。

程度はありますが、どの楽器も大抵はハイ起きしています。

これらの作業を一番低い弦でもすると、ネックのねじれ具合がわかります。

 

これで現在のネックの反り具合がわかったので、1f~12fでのネックの反りを調整します。

どれくらいにするかはプレイヤーや楽器にもよるので様々ですが、基本的には「少しだけ順反り」です。

特に5弦ベースのB弦は弦の振幅が大きいので少し順反り大きめです。

逆に4弦でスラップをバチバチするようなプレイヤーの楽器はドまっすぐ気味にすることもあります。

ここがサウンドの特徴を決定する一つの要素ですね。

 

長くなってしまったので続きはまた次の記事にしようとおもいます。

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.