セットアップメソッド 2

ノギス

こんにちは、嵯峨です。

前回こんな記事でした。

セットアップメソッド 1

今回はセットアップメソッド 2になります。

(偉そうなタイトルにしてしまった……。)

今回書いている僕のセットアップには

 

1、チューニングをする

2、ネックの反り具合を調整する

3、弦高を調整する

4、オクターブピッチを調整する

5、ピックアップの高さを調整する

 

という手順があり、前回は2、ネックの反り具合を調整するが終わったところまででしたね。

その続きになります。

ネックの反り具合を楽器の状態と好みに合わせたら、次に3、弦高の調整です。

ここの調整は演奏性はもちろん、サウンドに与える影響も非常に大きいです。慎重にいきましょう。

 

まず話さなければいけないのは何を弦高とするか、というところですね。

みなさんどうでしょう?

最終フレットで測る方、12fで測る方、はたまた1円玉がどこまで入るかで測る方、様々だと思いますが、ここでは12f時点でのフレットの上端から弦の下端を弦高とします。

 

結論から言うと、僕は基準として

 

1弦で1.5mm、4弦で2.0mm、5弦で2.3mm

 

を基準としています。

2弦と3弦は、1弦と4弦の間で段々高くします。

 

ここまで問題なく下げられたら楽器としての精度は十分で、通常下げられたとしてもこれ以上は下げません。

サウンド面の問題と、必要以上に低い弦高で問題なく音を出すのにはスキルが必要だからです。

 

僕個人的には最近まで

 

1弦が1.4mm、4弦が1.9mm、5弦が2.3mm

くらいに設定していましたが、最近は

 

1弦で1.8mm、4弦で2.4mm、5弦で2.7mm

くらいまで上げています。

 

理由はシンプルで、以前大きい現場のリハーサルに入った時に、ラインでモニターしている自分の音がとてもしょぼかったから(笑)

 

アンプでつけてくれる衣がないと低すぎる弦高ではズドーン!としたサウンドが出なかったんです。

一緒にいた先輩のベーシストの音はラインでもズドーンとしていて、弦高を真似ました。

(まぁ腕の違いの方が大きいんですけど……。)

 

他の理由としてはB弦の鳴りの向上もあります。

5弦のジャズベースのスタイルの楽器だとこれくらいの弦高があった方がいいんじゃないかな、と、最近は思います。

弦高を上げた結果、B弦も思いっきり弾けるようになりました。

5弦のジャズベースを使っている方はこの問題みんな抱えているのではないでしょうか。

僕は5年悩みました(笑)

もちろんB弦については楽器や弦、弾き方の影響もすごくありますが。

 

話を戻すと、この僕が基準としている弦高、バランス悪くないですか?

 

1弦で1.5mm、4弦で2.0mm、5弦で2.3mm

 

1弦から4弦までを段々高くしていくと書きました。

ですが、4弦から5弦の弦高の差が他のところよりも大きいです。

 

これはB弦の緩さを考慮した結果です。

ですので35インチのスケールを持つベースや、34インチでも十分なテンションを持ったベースの場合、2.1~2mm程度になりますね。

ちなみにプロからアマチュアから色々な人のベースをよくみますが、先ほど僕はこうしている、として上げた数字、

1弦で1.8mm、4弦で2.4mm、5弦で2.7mm

これですね。

これくらいのセッティングにしているベーシストは割と多いです。

むしろ実感としてベッタベタに弦高下げているプロは多くないです。

 

ちなみにギターの弦高も基本的には

1弦で1.5mm~6弦で2.0mmです。

Ibanezやsuhrなんかの場合はもう少し低めにしたり、クラシックなテレキャスターだともう少し高めにしたり、というところをプレイヤーに提案して微調整していきます。

ガツーンと弾けた方が良いギターとサラッと弾けた方が良いギター、ギターもベースも色々あります。

そこらへんを見極めてプレイヤーの好みも考慮したセッティングが出来たらとても良いですね。

 

また長くなってしましました。

次の記事でセットアップメソッド終わりです!

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.