セットアップメソッド 3

IMG_5456

こんにちは、嵯峨駿介です。

セットアップメソッド 3です。

前回までの関連記事

セットアップメソッド 1

セットアップメソッド 2

前回までで、

 

1、チューニングをする

2、ネックの反り具合を調整する

3、弦高を調整する

4、オクターブピッチを調整する

5、ピックアップの高さを調整する

 

のうちの3までが終わりました。

次は4、オクターブピッチを調整する、です。

基本的には12fの実音のピッチをバッチリになるように調整するだけです。

だけなんですが、意外とここの原理を理解していない人も多いですね。

この段階ではブリッジのコマを前後させてピッチを調整する必要があります。

 

音程を高くする時はコマをネック側に近づける

音程を低くする時はコマをブリッジ側に近づける

 

です。

12fで押弦して出した音が高かったらコマをブリッジ側、低かったら高くしたいからネック側に近づけます。

このときは必ず弦を緩めてからコマを動かしてください。

 

基本的にはこの通りですが、オクターブ調整の意味はこれだけではありません。

1fや5f、20fのイントネーションもできるだけコントロールします。

特にベーシストはハイポジションよりもローポジションで弾いていることが長いですから、そこのイントネーションの調整に気を配ったオクターブ調整をするととても良くなると思います。

 

さて、これで4、オクターブピッチを調整する、が終わりました。

次が最後、5、ピックアップの高さを調整する、です。

これは以前書いた記事の通りですね。

セットアップ〜PUの調整編〜

具体的な数字を出していなかったので僕の基準を書いておこうと思います。

 

一般的なものはとりあえず最終フレットを押さえて弦の下端からPUのポールピース上端の間を最も近くても2.0mmにします。

 

JBを例に出すと、

最終フレットをおさえて、

リアピックアップ1弦とポールピースのクリアランスを2.0mm

リアピックアップ4弦とポールピースのクリアランスを2.5mm

フロントピックアップ1弦とポールピースのクリアランスを2.5mm

フロントピックアップ4弦とポールピースのクリアランスを3.0mm

にとりあえずしてみます。

 

4弦の方がクリアランスを大きく取っているのは振幅が大きいからです。

これを基準として微調整を繰り返す感じですね。

4弦がやたらと鳴る楽器は少し4弦を低めにしたり、高域が弱い楽器は相対的に1弦側を少し高めにしたり。

 

僕個人的には2.0mmだと近すぎて弾きにくいのでもう少し遠ざけます。

右手の指があたってしまうのがストレスです。

ポールピースが出っ張っていないような気の利いたPUなら、フィンガーランプ的に使えるかもしれないので特に嫌じゃない人は気にならないところですね。

 

バルトリーニや木製のPUカバーのついてもの、EMG、等はもう少し近くしてもいいかもしれません。

ギターの場合も同じく近くても2.0mmで、バランスの取り方はベースとほぼ同じです。

 

このPUの高さ調整がなかなかの曲者で、サウンドは激変します。

(全ての調整でサウンドは激変すると書いてしまっていますが……。)

以前書いた通り、近い方がSN比はよくなりますが、サウンドの特性も変わります。

 

近いと、

ダイナミクスがある

高域に艶が出る(キンキンしすぎる)

 

遠いと、

のぺっとした立体感のない音になる

高域がまろやかになる(こもる)

 

など、一長一短です。

好みの部分が大きいので、基本的に調整する側はSN比や磁力の影響といった絶対的な部分を基準として持つのが望ましいのではないでしょうか。

 

こんなところで、調整は一通り終わり、かと思いきや、そうではなく、ここから全ての部分をプレイヤーの好みにすり合わせていくことになります。

ここが一番大事なところです。

 

日々鍛錬ですね。頑張ります!

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.