ベース用エフェクター?ギター用エフェクター?

ギター&ベースの豆知識

BgBpTevCIAA4fKv

こんにちは、嵯峨駿介です。

最近ではメジャーになり、一つのジャンルとなった「ベース用エフェクター」

誤解が多いのですが、別にベースにしか使えないわけでも、ベース用と言われていないものをベースで使っても問題ありません。

 

ではなぜベース用エフェクターと呼ぶのか、当然ベースでの使用を前提に設計されているわけですが、具体的にどんなところがベース用なのでしょう?

(今回もオタク記事になってしまう……)

 

様々な部分でベース向けのチューンがされるわけですが、エフェクトペダルを設計する際、まずどこからどこまでの帯域を回路に入力して、出力するのかという部分を決めます。

その部分がギターに比べるとワイドになっています。

 

基本的に必要のない帯域は入力段、出力段でカットします。

(例えば100kHzなんかは絶対に必要ありませんよね。5Hzも同じく。)

必要のない帯域を出すほど、スピーカーの動きも鈍くなり、ハウリングも起こりやすくなり、いいことはありません。

ギターと比べ、ベースは当然低い帯域が必要です。

さらに、現代のベーシストはギターの高域にまで進出してくるものだから、上にも広いレンジを求めます。

また、アクティブベースやスラップ奏法など、入力される信号も大きい場合が多いので、そのような信号を入力しても歪みにくいように作られます。

 

いじりたいEQの音域やその幅も、原音がどうのこうのと、ギタリストの要求とは随分違いがあります。

 

そういったベーシストのわがままに応えてくれている点がまさに「ベース用エフェクター」と呼ぶ理由ですね。

 

そう考えると、ギター用エフェクターはベースに使えないじゃん!となりますが、そうでもなかったりも、します。

例えばベースソロやベースイントロでベーシストがフィーチャーされる部分では分厚い低音は必要ない場合もありますよね。

そんな時、ビッグマフを踏んでみたり、フェイザーを踏んでみたり、自由です。

 

逆にそんなぶっ飛びペダルをベースでも使えるようにモディファイするのも最近の流行りですね。

ぶっ飛びつつ、ベーシストが出さなきゃいけない帯域は確保しつつ、、、

わがまま放題の僕たちの面倒をみてくれるモディファイメーカーの方には頭があがりません。

 

しかも高いお金をかけてモディファイしたペダルの出番はあの曲のサビ明け2小節だけ……

(ベーシストの悲しいあるあるです……)

 

でも夢があるんだから足元に置きたくもなるしお金もかけたくなってしまうと。

(これもベーシストの悲しいあるあるです……)

 

というところで、青いLEDばかりに目を向けず、ペダルの中身まで愛してください!笑

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました