ダイレクトボックスって?

こんばんは、嵯峨駿介です。

ベーシストには馴染みのあるダイレクトボックス、通称D.I.ですが、これをなぜ使うのか、そもそもこいつはなんなのか、よくわからない人も多いとおもいます。

IMGP2404

アンプから出た音をマイクで拾い、ミキシングコンソールへ伝える方法では、そのマイクの特性に影響を受け、また、ベースにとって非常に重要な低域の量感を損なう事があります。

これを解消するのがダイレクトボックスです。

ダイレクトボックスは電子楽器を直接ミキシングコンソールへ繋ぐ中継機器で、信号劣化を少なくし、楽器本体のサウンドをよりクリアに、損失を少なくします。

 

この信号劣化を少なくし、という部分ですが、その原理はどうでしょう。

ダイレクトボックスはインピーダンス変換回路が組み込まれていて、入力インピーダンスは高く、種強くインピーダンスは低くなっています。

 

————————————————

インピーダンスについてはいくつかの記事で少しだけ書いていますね。

アクティブピックアップ

アクティブ?パッシブ?

————————————————

 

また、通常入力はホットとアースのアンバランス型、出力は正相出力(ホット)、逆相出よく(コールド)、グラウンド(アース)の3つの信号からなるバランス型です。

こうすることで、信号劣化を最小限に抑え、ノイズを拾い難くし、長距離の信号伝送を可能にします。

インピーダンスを変換する阻止としては、トランス(パッシブDIでよく使われます)、トランジスタ、オペアンプ、真空管などです。

音声信号は出力インピーダンスが低いので、信号の伝送が長距離になってもケーブリングロスが少ないです。信号を受け取るミキシングコンソール側でコールドの信号を位相反転し、正位相に戻し、ホットの信号を加えることで2倍の信号になります。また、ノイズについては、ホットとコールドのラインで拾うの一図は同位相のため、ミキシングコンソール側でホットとコールドの信号をミックスするときに逆位相でミックスされ、打ち消し合います。よって、ノイズは小さくなり、信号は大きくなり、ケーブリングロスもしない、そんなすごい箱がダイレクトボックスです。

インピーダンスを下げる素子には何を選ぶのか、アクティブにするのか、パッシブにするのか、付随させる機能をどれくらいつけるのか、どのDIも三者三様の特徴があります。

ライブハウスではおもちゃのようなDIを置いている場合も多いので、自分に合った高品質のDIを探してみるのもいいかもしれません。それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.