バルトリーニのプリアンプについて

こんばんは、嵯峨(@SAxGA)です。

ベーシストの間で非常に人気のあるプリアンプの1つとしてBartolini(バルトリーニ)が知られていますね。マーカスミラーのベースに組み込まれているのもバルトリーニ。MTDも ROSCOEもPedullaもバルトリーニ。そんな定番のプリアンプメーカーのバルトリーニですが、いざ使おうと思って調べるとあれやこれやあらゆる種類の物が出てきます。

こいつら何が違うんだよと、悩むことがあると思うので、いくつかあるバリエーションの違いをまとめます。

楽天検索:バルトリーニ プリアンプ

アマゾン検索:バルトリーニ プリアンプ

TCT系

TCT系にはTCT、NTCT、XTCTと3つの種類があります。それらの違いはミドルの可変周波数帯の違いです。ここで気をつけたいのは、基本的にTCT系のミドルレンジはカット方向での使用を前提にしているという点です。

TCT

Treble  4kHz
Middle 300Hz
Bass 30Hz

TCTが可変する300Hzはローミッドよりだと言えます。ここをカットすることで少し重心を高くして、派手なサウンドを求める方におすすめです。

NTCT

Treble 4kH
MIddle 400Hz
Bass 30Hz

NTCTが可変する400Hzは300Hzよりも少し上ですね。相対的に、ミドルレンジが広くカットされ、よりドンシャリっぽさが増して行くと考えていいですね。XTCTとの中間なので、どちらにも納得のいかない場合のオプション程度に考えていい気がします。実際に、人気としては最も低いです。

XTCT

Treble 4kHz
Middle 500Hz
Bass 30Hz

XTCTが可変する500Hzは聴覚上音量感が大きく変化する部分で、ここをカットすることで大きくドンシャリなサウンドに変化します。カットすることで低音をマスキングする部分がなくなり、より明瞭な低音が得られると考えて間違いありません。個人的には最もオススメです。

楽天検索:バルトリーニ プリアンプ

アマゾン検索:バルトリーニ プリアンプ

NT系

NT系には3バンドEQを搭載した最もフレキシブルなNTMBと2バンドEQを搭載したパワフルなNTBTがラインナップされています。

NTMB

Treblle 10kHz(±16db)
Middle 250Hz/500Hz/800Hz
Bass 30Hz(±15db)

最大の特徴はやはりミドルレンジの可変でしょう。3つのミドルレンジから可変する周波数帯を選択可能で、ミニスイッチによってフレキシブルにコントロール可能。NTMBはハイエンドベースブランドの間で最もポピュラーなプリアンプの1つです。

NTBT

Treble 10kHz(±18db)
Bass 30Hz(±18db)

NTBTは2バンドのイコライザーを搭載しており、NTMBよりも広い可変幅が特徴的です。かなり派手な効き方をすると言えます。激しく攻撃的なサウンドを好む方にオススメですね。TCT系が日本刀だとしたらNT系は鉈のようなニュアンスでしょうか。

楽天検索:バルトリーニ プリアンプ

アマゾン検索:バルトリーニ プリアンプ

比較して考えてみると

NT系はTCT系よりも高域の可変周波数帯が高いので、スラップ時に目立って聞こえる帯域よりももう少し上の部分を可変することができます。大きくニュアンスを調整するようなニュアンスです。全体的に、TCT系はJBスタイルの楽器に、NT系は所謂ハイエンド系の楽器に搭載されることが多いです。やはりJBスタイルにはTCT系が合いますね。

ピックアップとも共通しますが、バルトリーニはクセが強いです。ウェットでスムーズでムチっとした、衣をつけたようにパワフル。ただし、何に乗せてもマーカスの音が、MTDの音が出るわけではありません。やはりアコースティックな部分がある程度良質でなければ、最終的なアウトプットの質も上がりません。

楽天検索:バルトリーニ プリアンプ

アマゾン検索:バルトリーニ プリアンプ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.