ジャズベースとプレシジョンベース

1e83c845be7eb13758887953720a4166

こんにちは、嵯峨駿介です。

ジャズべとプレベ、何が違うんでしょう?

PU?形?音?

 

再確認してみます。

 

1951年に発売されたプレシジョンベース、それに続いて1960年に発売されたのがジャズベースです。

 

プレシジョンベースの特徴

・左右対称のボディ

・太めのネック

・ナット幅が広い

・スプリットのピックアップが1発

 

ジャズベースの特徴

・左右非対称のボディ

・若干細めのネック

・ナット幅が狭い

・シングルコイルのピックアップが2発

26bbe4625e5281875ece8a9b08c485483ba35cbd.23.1.12.2

 

 

ジャズベースは後から発売されているという事もあり、プレシジョンベースを改善させようとしている意図が伝わります。

 

左右非対称のボディはより体にフィットし、細めのネックはプレイヤビリティを向上させました。

 

 

でもやっぱり気になるのはそのサウンドの違いですね。

プレシジョンベースは高音弦用、低音弦用の2つのピックアップを直列でつないでいるのでノイズが少なく、パワーのあるサウンドになっています。

 

ジャズベースは2発のシングルコイルピックアップがフロントとリアに配置されており、これらのバランスを調整することができます。

2つのピックアップの配線はパラレルでの接続です。

 

これにより、プレシジョンベースよりもワイドレンジなサウンドになっているわけですね。

 

また、2つのピックアップをフルでミックスすると少しだけミドルが凹み、所謂ドンシャリやスラップ向きなサウンドは作りやすいと言えます。

 

当然ですが、2つのピックアップでハムキャンセル効果を得ているので、どちらか片方だけを選んで出力したらノイズは増えます。

 

(ピックアップの配線についてはこちらで記事にしています。)

『ピックアップの繋ぎ方ひとつでサウンドが激変!』

 

実はこのピックアップの違いが曲者です。

プレシジョンベースは1つの弦を複数のピックアップが拾うことはありませんが、ジャズベースは2つのピックアップを出力した場合、1つの弦を2つのピックアップで拾うことになります。

 

これが原因で起こってしまう不思議な現象があります。

例えばE♭の音を出そうとした時に、2弦の1フレットを弾くとして、ジャズベースだとどうしてもベースの音域からは外れてしまいますが、プレシジョンベースだとベースの音として成立します。

(幾分感覚的な話になってしまいますが・・・)

 

これはなぜプレシジョンベースよりもジャズベースを5弦ベースとして多くのメーカーが作っているのか、という事にもつながる部分です。

もちろん5弦のプレシジョンベースも存在しますが。

(プレシジョンベースとは何か、みたいな定義付け議論は置いておいて。)

 

そんな違いも考慮した上で、ジャズベースとプレシジョンベースを比較してみてはいかがでしょうか。

また新しい良さや違いがわかるかもしれません。

 

それではまた。

2 Comments

  1. いつも楽しくブログ見させてもらってます。
    不思議現象のあたりが何度読んでもよくわからなかったのでよければもう少しくわしく教えていただけますか??

    • しゅんでらさん
      ありがとうございます。
      返信が遅れて申し訳ありません。
      これがちょっと難しい問題で、ベースの音として成立するか、しないかという基準を設けると、JBとPBではその点において違いが出ることが多い、ということです。
      1つのピックアップで拾うのと、2つのピックアップで拾うのとで明らかに変わる音響特性があるわけです。
      ここが本当に新しい分野の議論になってくるので、僕もこうなんじゃないか、とは思っていますが、なかなか確定した答えが出るものではありませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.