前から?後ろから?スピーカーキャビネットの秘密

e4e5d77bfda5a28c6a406e815af8a14b

 

みなさんこんにちは、嵯峨駿介です。

 

普段スタジオで当たり前に使っているアンプとキャビネット、Dクラスアンプの登場も手伝い、アンプは一般ユーザーにも詳しい知識が備わってきていると思います。

 

ではキャビネットの方はどうでしょうか?

今回はスピーカーキャビネットについて少し書いてみようと思います。

 

まず、スピーカーキャビネットの中に入っているスピーカーユニットです。

スピーカーから音が出るコーン、エッジの部分の直径をスピーカーユニットの口径といいます。

 

現在市販されているスピーカーの口径は特別な物を除き、20cm(8inch)25cm(10inch)30cm(12inch)が一般的です。

ベース向けでは15inchの物もポピュラーになっていますね。

 

そのスピーカーが再生できる周波数の範囲をスピーカーの再生周波数帯域といい、a Hz~b Hzと表されます。

この中で最も低い再生周波数を最低共振周波数といい、fo(Hz)で表されます。

ギターアンプ用のスピーカーではfo=100Hz、ベースアンプ用のスピーカーではfo=50Hz程のものが多いです。

また、再生できる高い周波数の限界は5kHz~7kHzのものが多いですね。

ちなみに、オーディオ用スピーカーの再生周波数帯域は30Hz~15,000Hzくらいになっています。

 

この他にスピーカーユニットには能率、というものがあります。

アンプの出力やスピーカーボックスを同じにしても、スピーカーユニットによって音の大きさが違う場合があります。

これはスピーカー能率が違うのが原因で、能率の良いスピーカーユニット程大きい音が出ます。

ちなみに、そのスピーカーの能率は[dB / m]で表されます。これが90を超えてくると高性能な部類に入ると考えても問題ないでしょう。

 

データとしてですが、以下は各メーカー、各機種の使用しているスピーカーです。

fender twin reverb – JENSEN 12inch

marshall JCM800 – CELESTION 12inch

MESA/BOOGIE MARKⅣ – EVM 12inch

Peavy 5150 – Shefield 12inch

VOX AC30 – CELESTION 12inch

Matchless D/C 30 – CELESTION 12inch

HIWATT LS-412V – CELESTION 12inch

Ampeg SVT810E – Ampeg 1-inch

Gallien kruger Back line 100 – GK custom 12inch

 

さて、次にそのスピーカーユニットを入れるためのキャビネットです。

その前に、知識としてスピーカーから出てくる音の位相について理解する必要があります。

 

スピーカーの前へ出る音と後ろへ出る音は逆位相になっていて、低音ほど音が前後に回り込んで干渉し、打ち消し合います。

(逆位相の音をぶつけると、音は打ち消し合います。これを利用しているのがハムバッキングピックアップですね)

 

それを踏まえていくつかのスピーカーボックスの種類を見てみましょう。

 

密閉型

marshall_cabinet_425a

スピーカー後部から出た逆位相の音を外に出ないようにします。

スピーカーボックス内が密閉されているため、中の空気の圧力によりコーン紙の動きが鈍くなるので、スピーカーの最低共振周波数が高くなり、低音が出にくくなります。

この影響を少なくするためにはボックス内の容積は大きいほど良いとされています。

また、このタイプのボックスは音が前にストレートに抜けてくるので、ロック系の大出力ギターアンプによく見られます。

 

バスレフ型

markbass-std-102hf

スピーカー後部から出た逆位相の音をダクトを通して前に出すのがこのタイプです。

この時、ダクトから出る音はさらに位相が反転するのでスピーカー前部から出た音と同位相になり、低音をより強く出すことができます。

ベースアンプ用のボックスに向いているといえるでしょう。

 

後面開放型

DSC03213

スピーカー後部から出た逆位相の音が前の方に回り込み、前部から出た音と干渉して低音が出にくくなるが、スピーカーボックスの後ろの壁などに反射して音が広がったように聞こえます。

コンボのギターアンプではこのタイプは多いですね。

縦に置いてみたり、壁に近づけてみたり、いろいろな使い方がありますね。

 

バックロードホーン型

918sdG4R8uL._SX355_

バスレフ型をさらに発展させたようなタイプです。

主にオーディオ向けに作られているスピーカーボックスですね。

楽器用にあるのかはわかりませんが……。

 

いくつか紹介しましたが、「そういえばあそこのアンプ……‼︎」の方も多いのではないでしょうか。

 

試してみると面白い部分なので、キャビネットを選ぶ機会があったら上記の情報も参考にしてみてください。

また1つ面白い見方ができるのではないでしょうか。

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.