スムーステーパーボリュームのススメ

P1030127

こんばんは、嵯峨駿介です。

 

突然ですが皆さん、自分の楽器のボリュームの変化具合、気に入っていますか?

 

曲終わり、少しずつフェードアウトしようとしたら半分回したあたりでいきなり音がほとんどなくなったり、ボリューム奏法をやろうとしたら変化が急すぎてただのトレモロみたいになったり……。

 

そんな経験が誰しもあるかと思います。(多分。)

 

そしてそんな方におすすめしているのが、スムーステーパーボリュームと呼ばれるコントロールシステムへのカスタマイズです。

 

まず、ボリュームをコントロールに使われるポットというパーツにはつまみの回し具合と抵抗値の上がり具合を示す種類において、通常AカーブとBカーブがあります。

 

photo1(6)

理論上ではBカーブが常に一定の変化具合なので、ボリュームも一定に動くはずですが、聴感上では50%のあたりからあまり音量が変化上がらなくなります。

それを考慮したAカーブですが、最後の20%くらいで急激に変化するので、一定の変化とはいきません。世の中上手くはいかないものですね。

 

しかし、そんなうまくいかない世の中(抵抗値のカーブ)を補正するために考え出されたのが「スムーステーパーボリューム」です。

 

今回はこのスムーステーパーボリュームへの改造の仕方を書いてみようと思います。

まずは以下の実体配線図をごらんください。

photo1(5)

 

はい、ピックアップが入ってくる端子とその信号が出て行く端子をコンデンサと抵抗でつなぐだけですね。

 

使う抵抗はポットの抵抗値に合わせます。

250kΩのポットには240kΩ、500kΩのポットには470kΩ、1MΩのポットには910kΩくらいの抵抗値の抵抗を使うのが一般的です。

コンデンサは好みに合わせて220pF〜910kFくらいです。

 

抵抗とコンデンサにはそれぞれ役割があり、抵抗はカーブ補正のために使われます。

ポットの抵抗値より少し小さいくらいのものを使うのがポイントです。

 

コンデンサはハイパスのためです。

(ハイパスとは、抵抗がかかった時に聴覚上ハイ落ちしたように聴こえる現象を解決するためのものです。)

このコンデンサの値が大きい程、ボリュームを絞った時のハイの出方は大きくなります。

ここで言う大きくなる、というのは通常削られるものが削られない、という意味です。

 

じゃあでかくすればするほどいいじゃん!

 

と思いますが、そうもいかないもので、大きい値にしすぎると逆にペラペラのサウンドになってしまいがちです。

 

コンデンサや抵抗にも種類がありますよね。これのチョイスも改造の面白いところだと思います。

ざっくりですが、ハイファイ志向なら金属皮膜抵抗とセラミックコンデンサ、ビンテージ志向ならカーボン抵抗とシルバーマイカコンデンサがおすすめです。

 

ギターで扱うピックアップの電気は非常に小さいので同じ数値でも種類や、ひいては個体によってサウンドは微妙に変わってしまいます。

 

 

色々と試して自分と自分のギターに合った仕様にカスタムしていくのもギターの楽しみです。

 

もし自分でやるのが難しかったり、どんな風にすればいいのか迷ったりしていたら協力するのでいつでもご連絡ください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.