MU-FX / Tru-Tron 3X

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは、嵯峨駿介です。

 

たまには機材のレビューでも、ということで、これです。

 

MU-FX / Tru-Tron 3X

 

70年代に発売されたオートワウの名機、ミュートロンの正真正銘の後継機です。

ミュートロンといえばベーシストとしてはやはりブーツィーであり、ファンク好きのベーシストとしては憧れのペダルです。

 

本機はミュートロンの開発者であるマイクピーゲル自らが回路設計を手掛けています。

そういうわけでまさに「正真正銘」になるわけですね。

 

一回り小さくなった筐体ですが、音量が調整できるようになり、原音を足すMIXモードが追加され、より実用的なミュージシャンズアイテムに進化しました。

4つのつまみと3つのスイッチで操作をするペダルですが、見た目ほど小難しくはありません。

 

MU
– エンベロープの感度とレベルの調整。PREとの間にあるMU-PREスイッチがPREの時はこのつまみは感度の調整のみです。
PRE
– これがミュートロンにはなかった機能で、MUで良い感じに設定後、任意のボリュームにできます。MU-PREスイッチがPREの時に有効です。
MU-PRE switch
– MUの時にはMUのつまみで感度と音量が同時に変化します。PREの時にはMUで感度を、 PREで音量を調節することが出来るようになります。音量差をコントロールできるわけです。ほとんどのユーザーはPRE側に倒して使うことになると思いま す。
PEAK
– いわゆるQです。
MODE
– いわゆるレンジですね。LPはローパス、PEAKで設定した値よりも高い周波数が減衰します。BPはバンドパス、PEAKで設定した値付近以外の周波数が 減衰します。HPはハイパス、PEAKで設定した値よりも低い周波数が減衰します。そしてMIXがエフェクトの掛かった信号に原音を混ぜた設定です。 MIXが新しく追加された機能ですね。
DRIVE ENVELOPE switch
– アップでは馴染みのあるオートワウ、ダウンではブーツィーです。
RANGE FILTER switch
– エフェクトをかけるレンジの選択です。ベーシストはほぼLOWですね。

 

エフェクトのオンオフは LEDの色で判断します。

 

オフは緑

 

 

オンは青

 

手が込んでます。ナイス!

 

僕自身オートワウ好きとして結構色々買っては売ってをやっていますが、これがベストかなーと、思っています。

 

痒いところに手が届いて、ちょうど良いサウンドで、ちょうどいいコントロール具合で、見た目もよくて。

使い心地、サウンド、値段、共にキング級です。

 

色々な人に紹介していますが、みんな気に入ってくれますね。

あえて僕からサウンドの細かいレビューはなしで、大先輩ベーシストの鈴木渉さんの試奏動画をどうぞ。

(決してサドウスキーの宣伝ではないはずです・・・笑)

ベーシストには一度試してみてもらいたいなと思ってご紹介しました。

ぜひ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.