弦の張りっぱなしはネックに悪い?

こんばんは、嵯峨です。

さっそくですが・・・

 

「弦を張りっぱなしにしているとネックに負荷がかかって反りの原因になる」
「長く弾かないときは弦を緩めてケースにいれる」
「普通のスタンドに置くとネックに圧力がかかるから首を吊るタイプのスタンドを使う方がいい」

などなど。

ギターのネックにまつわる都市伝説レベルの噂の多さったらもう。

 

でも、本当かな・・・とは思いつつ、ちょっと弦を緩めて保管してみたりする人も多いのではないでしょうか。

 

 

そもそも、ギターのネックには新品の時から常に負荷がかかっています。

 

それはトラスロッドによるものです。

1039_1_expand

トラスロッドは、「緩める」と「締める」の2方向の回し方がありますが、なぜだかわかりますか?

 

トラスロッドは基本的に片方にしか締められないからです。

だから順反りを治すには締める、逆反りを治すには緩める、と表現するわけです。

 

ネックを作る時には指板を張る前にトラスロッドをぐいっと「締めて」、真ん中が飛び出た所謂逆反りの状態を作ります。

そしてその飛び出た木部を削り、指板を張ることで締める事も緩める事も出来るようになるわけですね。

これを

20151209073514

こうして

20151209073534

こう

20151209073551

 

 

ここまでくるともう察しはつきますよね?

 

新品の時からロッド回ってる……!!!
むしろ弦張る前からロッド回ってる……!!!

 

ロッドまだ回してません!

みたいな楽器は買わない方がいいかもしれません。

 

それを踏まえて、弦を緩めればいいのかスタンドはどうすればいいのか考えてみましょう。

 

弦の張りによって曲がる分をトラスロッドで補正していますが、弦を緩めると、当然そのバランスは崩れてトラスロッドだけが効いてる状態になります。

スタンドでネックが後ろから圧力を受けている、これも弦の何十キロもある張力とそれと同等のトラスロッドに比べたら微々たるものでは?

 

ここは特にリペアマンの間でも意見が分かれる部分ではありますが、僕自身は別に弦張りっぱなしでもいいんじゃないかと思っています。(アコースティックの場合はまたちょっと別ですが・・・。)

 

おしゃれな部屋におしゃれにスタンドで置いてもいいんです。

20151209071217

 

もしもネックに圧力が入りっぱなしだから弦は緩めた方が〜と思う方はぜひトラスロッドも緩めてください。

それが完全な脱力ですね。

 

色々な意見がある中の1つとして、参考になればと思います。

 

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.