Lakland 55-94 Standard

みなさんこんばんは、嵯峨駿介です。

 

先日販売用にLakland 55-94 standrdを仕入れ、リペアを行いました。

近年ひなっちさん、tetsuyaさんの使用で一気に日の目を見たメーカーです。

 

 

せっかくなのでこれについて細かく見てみようかなと、思います。

 

まずはヘッドから

thumb_P1010430_1024

 

特に変哲もないレイクランドですが、ここで1つ、違和感ありませんか?

 

・・・そう・・・

 

 

ちょっと指板はみ出てない?

 

 

通常のJBのヘッドがこちら

52701654_o2

 

 

なぜこんな事が起こっているかというと、それはヘッドの厚さに起因するものです。

ヘッド厚を比べると、

 

Xotic XJ – 15.3mm

Lakland 55-94 – 18.8mm

 

実に3.5mmも違います。

このヘッド厚の違いが見た目の違いに繋がっています。

 

ちなみに横からみると

 

 

 

ヘッドの厚みがサウンドに大きな影響を与える、ということでこのヘッド厚を採用しているのでしょうね。

ネックに関してはバランス、質量が出音に大きな影響を与えます。

 

さて、そうなるとその厚さがあだとなり、通常のペグが取り付けられません。

じゃあどうするかというと・・・

 

 

 

じゃん!

ペグの取り付け用のナットのサイズに合わせてぴったりとヘッドが落とし込まれています。

 

Laklandのデザイナーに取ってヘッド厚はそんな手間(コスト)をかける程の事なんです。

 

 

そのこだわり、ちょっとよくないですか?

 

 

 ちょっと好きになってきました?

 

 

 

この楽器的なデザインはもちろん、Laklandはとにかく気取りが素晴らしいです。

特にこのネック!

thumb_P1010429_1024

 

最高です。

木材の良さがネックの精度、演奏性を支えています。

 

このように細部の美しさが際立つLaklandですが、指板のドットにだって気は抜きません。

 

クレイドットだのなんだのとありますが、Laklandはバーズアイメイプルの目の部分です。

 

 

普通そんな手間かけます?

わざわざバーズアイの目のとこくり抜いて指板にはめてるんですよ?

 

 

(もはやすごいのか暇なのかわかりません)

 

 

続いてボディ

 

thumb_P1010423_1024

ハイポジションまでのアクセスも良好。

破綻のないプレイヤー目線のデザインですね。

 

ここも一部ずつ覗いていきましょう。

 

 

 

まずはトラスロッドから

 

 

 

ワンタッチでアクセス可能なのはリペアマンにとっては非常にありがたいところです。

 

ちなみにこのロット、回し心地が非常に良いんです。

これはロッド自体の精度の他、ロッドを固定するための木材の精度の良さを示しています。

 

ハイエンドベースと呼ばれるベースはほぼ例外なくこの回し心地ですね。

 

 

次、ブリッジ。

 

これまた独特な見た目ですよね。

トレードマークの1つです。

 

無駄な装飾をなくしたデザインでですね。

妙な造形をしていないので、手のひらでミュート(ブリッジミュートとかパームミュートと呼ばれます)をして弾いていても痛くありません。

これ、案外大事な部分なんですよね。

 

わかってるなーと感じる、非常に「通」なデザインです。

 

裏側もちらりと覗きましょう。

 

がっちりとした5点ジョイント、ぎりぎりまで攻めて削られたネック、好印象しかありません。

 

真ん中のジョイントビスの締め具合で出音をコントロールしてみたり、楽しめるポイントを用意してくれています。

 

 

 

さて、エレキベースの中枢、電装系に入ってきますよ。

 

 

 

フロントシングルとリアハムのPUレイアウト

 

昔はBartoliniを採用していましたが、現在はLaklandのオリジナルです。

あくまでサウンドはトータルデザインですが、Baltoliniと似た印象のPUで、ウォームでパンチがあります。

 

ポールピースの露出したタイプのものとはやはり違いますが、これは好みの問題でしょう。

 

僕個人的にはこういうの、大好物です。

 

 

 

コントロールはボリューム、バランサー、3EQとリアピックアップのコイルの切り替えスイッチ

 

これは3wayのスイッチになっており、それぞれ以下のようになっています。

 

1 – 60’s JBのサウンドを狙ったシングルコイル

2 – スティングレイのサウンドを狙ったハムバッカー

3 – 70’s JBのサウンドを狙ったシングルコイル

 

おいしいとこ取りすぎくん

食いしん坊。

 

このサウンドシステムがとにかく好評なLaklandです。

どれも”使える”サウンドに仕上がっています。

 

特にスタジオワーカーにユーザーが多いのも納得ですね。

 

じゃあ裏側に。

 

ネジが4つしかありません。

 

このパネルの取り外しでネジの多さにイライラした経験はリペアマンならずともあるでしょう。

 

しかも使っているネジの頭があの丸いやつじゃなくて平べったいやつ。いい。

しかもしかもですよ、見てください。ボディ側に受け側の金属パーツが埋め込まれています。

山が絶対になめない!

 

 

 

 

リペアマンにも気を使っている!!!

 

 

配線は言わずもがな美しいです。

オリジナルのプリアンプも見逃せないポイントの1つですね。

更にミッドの周波数を選ぶことができます。

 

 

これ、結構便利というか、楽しいというか、研究のしがいがあるというか。

 

邪魔な部分をカットしたい人もいれば、おいしいところをブーストしたい人もいますから、ここを選べるようにデザインされたこちらは本当にユーザビリティが高い。

一晩使っちゃうんだよね、この手のスイッチいじり。

 

ちなみに見ての通り、裏パネル、キャビティ共に銅箔テープでシールディングされていますね。

 

通常導電塗料を使うメーカーも多い中、こだわりの銅箔。

 

 

 

神は細部宿るなんてよく言ったものですが、まさにそれを体現しているLakland、本当に印象の良いメーカーです。

 

新品だと非常に高価ですが、中古市場は比較的手を出しやすい価格帯に落ち着いています。

 

本当に使えるベースをお探しの方は1度試してみてください。

 

それではまた。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.